実務経験がなくてもFP1級は受験可能!おすすめのコースはこれ!

実務経験がなくても(受験資格がない)3級に合格し、そして2級に合格すれば、FP2級の資格は取得できます。

その一方で、「FP1級は実務経験がないと受験できない」そんなイメージがありますが、実務経験がなくてもFP1級(ファイナンシャル・プランニング技能士1級)の取得は可能です。

コースは複数ありますが、比較的簡単なおすすめのコースをご紹介します。

おすすめのコースは日本FP協会で1級の取得を目指す!

銀行員など金融機関の方ならば金財での取得が推奨されているケースがありますが、「とにかく1級の合格!しかも簡単に」という方には日本FP協会での取得がおすすめです。

合格者
合格者

試験自体も金財の方が少し難しく感じます

1級取得へのステップまとめ

ここから具体的に1級合格への流れをステップ形式でまとめます。

1
3級に合格し、次に2級に合格する

3級は受験資格がありません(注)。そして3級合格者ならば、2級の受験資格が得られます。スムーズに2級まで合格しましょう。

(注)正確には3級の受験資格は「FP業務に従事している者または従事しようとしている者」です。これから従事しようとする者を含むため、受験資格がないのと同じです。

2
AFP認定者になる

次に日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了します。その後、資格登録手続きを経てAFP認定者となります。

なお、2級合格通信講座の中には、最初からAFP認定研修が組み込まれているコースもあります。

AFP認定者になるには(日本FP協会)
3
CFP資格審査試験(6科目)に合格する

AFP認定者になると、CFP(R)の資格審査試験の受験資格が得られます。

CFPR認定者になるには(日本FP協会)
4
FP1級の実技試験に合格する

6科目に合格すると1級実技試験の受験資格が得られます。合格すると晴れて1級技能士となります。

3級と2級ともに学科試験と実技試験の両方に合格する必要があります。1級(日本FP協会経由)の場合、CFP資格審査試験(6科目)が1級の学科試験に相当します

合格者
合格者

なので、1級実技試験だけでOKです。

(スポンサーリンク)

まとめ

このほかにも1級の受験資格を得る方法は複数ありますが、いま実務経験がない方には、今回の方法がおすすめです。

なお、1級FP技能検定(実技試験:資産設計提案業務)の受験資格については、日本FP協会のホームページでご確認ください。

この記事を書いた人

たかちゃん
たかちゃん
3級・2級合格者

FP3級・2級、宅建試験、行政書士試験に独学で合格したものの、非効率を痛感。その後、通信講座を利用してビジネス実務法務検定2級、知財検定などに最短合格。現在は予備試験に挑戦中。

たかちゃんのFP2級合格証
▲私のFP2級技能検定試験の合格証です